フジクラ ROMBAX 6V05 とは

【この記事の所要時間 : 約 2 分

先日、プロギアのサイエンスフィットに行って、自分にあったヘッドとシャフトをアドバイスしてもらったが、選んでもらったシャフトは、「フジクラ ランバックス 6V05」だった。なぜなら以下の表にもあるように、リストターン率が8.0だったので、そうなった。
rambax6v05.jpg
では、「フジクラ ランバックス 6V05」とはどういったものかといえば・・・

7V05の操作性を残しつつ、軽量化ししなり感も増しています。剛性分布は似たものですが、先端部分がやや軟らかめに設定されており、つかまりは間違いなく向上しております!

とのことで、この中で言及されている7V05とは、

フジクラ独自の三軸織物に平織り素材を融合させた新構造シャフト。シャフト全体のしなり戻りのバランスが良くいろいろなスイングに対応可能。左右、高さのボールコントロールの操作性が良い。インパクト時のエネルギーロスを最大限に妨げるため余分なスピンがかかりにくく飛距離が出る。

というシャフトとのこと。
ランバックスのVシリーズは緑色から黒赤の配色に変わったみたいで、現在は赤黒になっている。
メーカーサイトでは、フジクラシャフト ROMBAX Vは、

シャフトの余分な動きを制御することで「強いインパクト」にも対応しスピン量を抑えながらコントロールできるシャフトです!切れの良いショットで飛ばしたいあなたに!

シャフト全身のしなりでボールを飛ばすとのこと。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です