T3 502銀 と T3 RED(赤鬼) のどちらがいいか?

【この記事の所要時間 : 約 1 分

prgr_driver_t3.gif
PRGRのスプーン「M3 HIT #3 M-40」が自分に合っていたこともあって、現在、PRGRのドライバーであるT3 502銀と、T3 RED(赤鬼)に注目している。
T3 502銀(M-40)

長さ : 45インチ
ロフト : 10.5度
バランス : D-0
重さ : 292g
シャフト重量 : 51g
トルク : 5.4
キックポイント : M
試打レポート

T3 RED(M-40)

長さ : 46.25インチ
ロフト : 10.5度
バランス : D-5
重さ : 272g
シャフト重量 : 47g
トルク : 6.7
キックポイント : H
試打レポート

両方ともシャフトは、M-40がいいと思っている。やはりT3 RED(赤鬼)は、より飛ばすためのスペックなので、T3 502銀よりも長さは1.25インチ長く、バランスもヘッド寄りにあり、振り切れるように重さも20g軽く、トルクも大きい。
どちらが自分にあっているのか・・・・
やはり試打してみないと!
prgr_red.gif
以前、T3 502銀を借りて試してみたときは結構よかったので、プロギア自体は自分にあってるのかもしれない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です