リバーサイドフェニックスでの自己ベスト更新!

【この記事の所要時間 : 約 3 分

リバーサイドフェニックスの競技に行ってきた。2008年8月に初の80台を出したが、ライバルN氏もなんと先日、80台を初めて出したようで、ヒートアップしてきた。
結果は・・・

OUT : 46
IN : 44
TOTAL : 90

とリバーサイドフェニックスでは自己ベスト。
ただドライバーがいまいちだったわりにはスコアがまとまった感じがする。やっぱりM3 HITはかなり使える。これは今後ヘビーローテになりそう。
現在のドライバー「キャロウェイ X・18 CFドライバー」は、シャフトがSなので、もっと軽くて柔らかいものにしてビュンビュン振った方がいいのではないかという感じがしたが実際のところはどうなのかわからない。ちょっと聞いてみたい。最近、ドライバーが飛んでない。スプーン(M3 HIT)の方が飛んでるんじゃないかと思うほど。
X・18 CFドライバーのスペックは、
・ヘッド体積 – 460cm3
・ロフト角 – 10度
・クラブ長さ – 45インチ
・クラブ重さ – 310g
・バランス – D2
・シャフト重さ – 62g
・トルク – 4.7
・調子 – 先調子
・シャフト – JV X-SERIES 60 S
M3 HIT は、316gのSR相当で、D-0.5というバランス。
M-37、M-40、M-43、M-46、M-49とシャフトが硬くなるにしたがってD-0、D-0.5、D-1、D-1.5、D-2というバランスになっているので、M3 HITが自分に合っているとすれば、シャフトの硬さとバランスがおかしいのではないかと思う。クラブは長くなるほど軽くなっていくのが正しい重量セッティングなので、スプーンが42.5インチで316gなら、ドライバーが45インチで310gというのはまずまず悪くないと思う。
個人的な感覚では、ヘッドスピード(HS)に比べてシャフトが硬すぎ、バランスが悪いのではないかと。たぶんSR相当のシャフトでD0~D1くらいのドライバーがいいような気がしている。

大学教授が考えた1年で90を切れるゴルフ上達法!   角川SSC新書
城戸 淳二
角川マガジンズ(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 13,019
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください