罪と罰 – ドストエフスキー (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

罪と罰〈上〉 (岩波文庫)
ドストエフスキー
岩波書店
売り上げランキング: 3081
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

ドストエフスキーの名作。
ロシアの貧しい若者ラスコーリニコフが、強欲な金貸しの老婆を殺して、うんぬんというざっくりとした概要は知っていたが読んだのは初めてだった。
つらく切ない話である。
罪悪感に苛まれるとはどういうことなのか?
人間の苦悩、葛藤、憔悴とは何なのか?
登場人物の名前がなんだか覚えにくい。

罪と罰 (まんがで読破)
ドストエフスキー
イースト・プレス
売り上げランキング: 594
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください