睡眠をサポートする味の素の「グリナ」を試してみたい。

【この記事の所要時間 : 約 2 分

ajinomoto_sleep.gif
睡眠をサポートする補助食品で有名な味の素の「グリナ」。
味の素の研究チームがアミノ酸の一種であるグリシンがカラダを休ませるチカラがあることを発見し、これを商品化したものが「グリナ」である。
1日1本のスティックを寝る前に飲むのがよいとのこと。
1本のスティックには3gのグリシンが含まれている。
ネタフルでも以前記事になっていた。
ネタフル – 睡眠をサポートする「グリナ」

「就寝から短時間で深い眠りの「ノンレム睡眠」に導く効果のあるアミノ酸「グリシン」が主成分」というものでした。薬事法の関係で「ぐっすり眠ることができる」などと効果を宣伝できないため「おやすみをサポートする食品」として売り出されていました。

とのことで、薬ではなく、食品という扱いみたい。
そして、グリナを試してみた結果がレポートされていた。

まず最初は、何も考えずに普段の状態で試してみました。すると、いつもと同じ時間に寝たのに、1時間くらい早く目が覚めました。しかも頭がボーッとするとかいうこともなく、スッキリです。これが「グリナ」効果なのかと。
ただ、夕方頃になると、かなりの睡魔に襲われました。感覚としては、普段の睡眠が凝縮されている分、夕方に反動がきたという感じでしょうか。
続いて、寝るのが遅くなった時に試してみました。通常、24時頃に寝ると早起きにも影響が出てきます。そこで「グリナ」を飲んで寝てみたところ、いつも通りの6時に起床! しかも頭スッキリ。
これは凄いと思いました。確かに睡眠がサポートされている感じ。深い眠りを得られているという実感はあります。しかも「グリナ」は食品なんですよね。だから習慣性もないということで安心して飲めます。

とのことで、個人差はあるとは思うが、まずまずの効き目があるみたい。
一度試してみたいなあ。
購入は、味の素のオンラインからのみ。
スティック30本入り箱(30日分)で、6930円(税込)也。
以下、参考までに。
快眠について最低限知っておくべき3つのこと

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です