酉の市とは

【この記事の所要時間 : 約 1 分

200511090015000.jpg
ほんじつ、11月9日は酉の市
酉の市とは、11月の酉の日に行われる祭礼。
もともとは、収穫祭としてスタートしたが、途中から商売繁盛祭へ。
(おおとり=大酉=大きく取り込む、みたいな謂れあり)
年によっては酉の日が2回あったり3回あったり。
2005年は11月9日(水)と11月21日(月)の2回。
そして、11月9日を一の酉といい、11月21日を二の酉と呼ぶ。
酉の日が3回ある年の3回目の酉の日は、三の酉と呼ばれる。
なんでも酉の日が3回ある年は、火事が多いという言い伝えのため
三の酉の参拝者は非常に多いらしい。
現在の酉の市は、商売繁盛祭なので、福をかき込むという意味で、
熊手が神社周辺で売られているみたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください