黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 – 究極の資産運用編 – 橘 玲 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編
橘 玲 海外投資を楽しむ会
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 45

1.世界の金融商品の基礎知識
2.ETFで究極のグローバルポートフォリオをつくる
3.世界の株式市場でトレードする
4.ADRとGDRでエマージング投資
5.REITで世界の不動産を買う
6.気軽に買える米国債
7.海外デリバティブと為替FXに挑戦
8.知っておきたい海外投資の税金

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

実践するかどうかは別として実践方法が書いてあるので、カタログ的に面白いかと思う。普通の人がADRやGDRを購入すべきかどうかってどうなんだろうか?できるよって話かな。
世界市場全体に投資できるETFとインデックス投信が1本づつあればいいだけのような気はする。そして毎月積立でインデックス投信を定額購入し、ある一定の額になったら自動的にETFにリレーしてくれる源泉徴収ありの特定口座があれば普通の人にはいいような気がする。(どこかやってくれないかな。)
それさえあれば毎月の積立金額だけを考えてあとは、バイアンドホールド。
難しく考える必要もないので、それがいいような気がするけど・・・・

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です