幕末動乱の男たち(上) – 海音寺 潮五郎 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

幕末期に活躍した6人の男が登場する。
それぞれ各自で1章が割り当てられている。
1.有馬新七
2.平野国臣
3.清河八郎
4.長野主膳
5.武市半平太
6.小栗上野介
今まであまり詳しく知らなかったという点では、平野国臣と長野主膳、小栗上野介が面白かった。ちょうど篤姫がNHK大河でやっているので、有馬新七も楽しく読めた。
下巻もあるので期待したい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です