ハイパフォーマンスWebサイト – オライリージャパン (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

ハイパフォーマンスWebサイト ―高速サイトを実現する14のルール
Steve Souders スティーブ サウダーズ
オライリージャパン
売り上げランキング: 126
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

あなたのページを最速にする14の掟
パフォーマンス・チューニングBlog
上記サイトで話題になっていた本の日本語訳版が出ているみたい。

米Yahoo!のパフォーマンス担当責任者が導き出した「高速サイトを実現する14のルール」を実例とともに紹介します。サイトの高速化と聞くと、サーバ負荷分散などバックエンドで実施する大掛かりなパフォーマンスチューニングを思い浮かべますが、じつは待ち時間の80%はフロントエンドの処理に費やされています。ここで紹介する明解なルールに従いさえすれば、この時間を大幅に削減できるのです。本書では、ブラウザとサーバの通信の仕組みからわかりやすく解説し、14のルールに従うことでなぜ高速化できるのかを論理的に解明しています。

とのことで、じっくり読んでみたい。
上記のサイトを参考にしていくつか試してみて実際に効果があったので、フロントエンドのパフォーマンスチューニングには興味がある。
フロントエンドのパフォーマンスチューニング – Expiresヘッダ追加
ブラウザキャッシュを利用してパフォーマンスチューニング
mod_deflateによるコンテンツのgzip圧縮転送の効果
オライリーはいい本だすなあ~。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です