バイク(原付)の廃車手続きをやってみた

【この記事の所要時間 : 約 3 分

バイク(原付)の買取が不可ということで、ではどうしようかと考えると答えはひとつしかなかった。それは・・・・
廃車!!!!
Wikipedia – 廃車

自動車における廃車(はいしゃ)とは、自動車の本来の用途における使用(人や物を運ぶ事)をやめ、車籍を抹消し、廃棄する事、またはそうされた車両の事である。
自動車の場合、自動車の所有者が抹消登録(まっしょうとうろく)と呼ばれる手続きを行う事によってナンバープレートが取り外され、廃車という事になる。

とのことで、原付の廃車のやり方を調べてみた。
原付の廃車手続きについて詳しくまとめてくれているサイトがあった。
「125cc以下の原付・バイク」の廃車手続きと必要書類

「125cc以下の原付・バイク」を廃車する場合は、ナンバープレートを管轄する市区町村の役所で手続きを行った後、解体業者などに依頼し、解体(スクラップ)してもらいます。
1:ナンバープレートを取り外す

役所での廃車手続きにはナンバープレートが必要ですので、自分でナンバープレートを取り外しましょう。

2:管轄の市区町村の役所での手続き

必要書類(下記を参照)を持って市区町村の役所で手続きを行います。
・廃車申告書(役所にあります)へ記入
・必要書類の提出
・ナンバープレートの返納
・廃車証を受け取る

3:解体業者で解体(スクラップ)処分

自分で解体業者を探し、解体(スクラップ)してもらいましょう。

とのことなので、
まずは管轄の役所へ電話して郵送でもいいのかを確認したら、廃車申告書を役所のHPからダウンロードできるから、それに記入して、ナンバープレートと一緒に送ってくれたらいいとのことだった。本当は、標識交付証明書という書類もいるとのことだったが、無くしてしまったので、それはなくてもいいとのことだった。廃車証を受け取るために、返信用の切手も同封して送る。
次は、原付のスクラップだ。
これは近所のバイクショップで聞いたら3,000円で処分してくれるとのことだったので、そうすることに。とりあえず、バイク処分はこれで一件落着。
疲れた。

図解入門よくわかる最新バイクの基本と仕組み[第2版] (How‐nual Visual Guide Book)
青木 タカオ
秀和システム
売り上げランキング: 19,961
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です