引越し見積り

【この記事の所要時間 : 約 3 分

前回引越した時は、引越業者選びはネット見積もりを利用したが、今回は引越業者へ電話して部屋に来てもらって見積りをしてもらう方式にしてみた。
というのも今回の引越先が新築&最上階に大家さんが住んでいるので、養生をしっかりしないとまずいということがあり安かろう悪かろうではさすがに・・・とのことでどのような養生をするのかを確認がてら見積りにきてもらうことにした。
引越業界の売上高順は以下の通り。
1位:日本通運
2位:ヤマト運輸
3位:アート引越センター
4位:サカイ引越センター
5位:引越社(アリさん)
6位:アーク引越センター
7位:松本引越センター
見積りを依頼したは、以下の6社。
引越専門会社
 ・アート引越センター
 ・サカイ引越センター
 ・ダック引越センター
 ・アーク引越センター
運送会社(引越専門ではない)
 ・ヤマト運輸
 ・日本通運
出てきた見積り価格は・・・・
 ・アート引越  42,000円
 ・サカイ引越 133,000円
 ・ダック引越 47,000円
 ・アーク引越 42,000円
 ・ヤマト運輸  49,000円
 ・日本通運 100,000円
この時点でサカイと日通は予選落ち。
残りの4社に、更なる値引きを依頼。
すると・・・
 ・アート引越  40,000円
 ・ダック引越  値引きなし
 ・アーク引越 35,000円
 ・ヤマト運輸  値引きなし
ということで、アートかアークが決勝へ残る。
あとは今回ポイントとした養生や大家さんの信頼度、保証内容など総合して、アート引越センターに決定した。今回思ったことは、やっぱり相見積もりは大切だということ。
家に営業マンに来てもらって見積りをしてもらうと営業マンも歩合がかかっているので、かなりの営業をかけてくる。断るのが苦手な人にはオススメできない。そして、高い見積りを出す業者ほど、即決しないとトラックの空きがなくなっちゃいますよ?といったプレッシャーをかけてくるので騙されないように。(サカイ引越センターは他の3倍以上の見積りを出しつつ、即決するようにプレッシャーをかけてきた。まーこれも営業マン次第だと思うけど。)
引越専門会社は、営業マンがかなり押してくる(だいたい訪問してから帰るまで1時間くらい)が、運送会社はあっさりしたもので、約15分くらいで帰っていった。
あとは、当日、どんな人がくるのか?

楽する!得する!知ってて安心!引越しする前に絶対に読んでおきたい本
株式会社リベロ (2015-04-28)
売り上げランキング: 52,134
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください