金で確実に資産を殖やしなさい – 植田 進 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

2006年4月出版と約2年前の本であるが、著者の主張は以下の通りである。
・日本で金投資ブームが起きる
・金価格が1000ドルを突破する
・資産の10%を金で保有する時代がくる
・金ETFが日本に上陸する
このうち現在どの程度あたっているかといえば、7~8割方あたっているといえそう。
事実ベースでいえば金ETFはすでに去年大証に上場したし、東証でも今年春頃に上場するとのウワサがある。金価格もほぼ1000ドルになっている。
kin_5years.gif
後半の章は、金の知って得する購入、保管、売却の基礎知識や金取引の税金の基礎知識などに当てられている。
金投資に興味がある人は読んでおいて損はないと思う。
著者は、終わりの始まり3部作の松藤民輔氏ほど金に偏ってはいないが、金に興味がある人は、松藤氏が山師的要素があることを理解しながら、以下の3部作を目を通しておくといいと思う。
アメリカ経済終わりの始まり
世界バブル経済終わりの始まり
無法バブルマネー終わりの始まり
kin_10years.gif

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です