★★☆☆☆[映画] 少林少女 – 今、ラクロスが熱い! (レビュー・感想・解説・ネタバレ)

【この記事の所要時間 : 約 3 分

少林少女

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

レビュー・感想・解説・ネタバレ

完全ネタばれなので、映画未視聴の方は、決して読まないように。

今春に公開される映画 「少林少女」(しょうりんしょうじょ)が楽しみである。なぜなら、少林少女がラクロスの映画であり、知人にラクロス関係者がいるからである。マイナースポーツであるラクロスがこれをきっかけにメジャースポーツになってほしいと思う。ちなみに、2008年4月26日公開予定のもよう。

撮影状況などは、以下のブログでちょこちょこ更新されているみたい。

少林少女

『踊る大捜査線』でお馴染みの亀山千広プロデューサーと、香港を代表するヒットメーカーである『少林サッカー』のチャウ・シンチー。アジア映画界をリードするこの2人が、共同プロデュースという形をとり、日本映画初で日本発の本格娯楽武術映画「少林少女」を製作しました。

主演は柴咲コウ。
約1年間アクションの訓練を積んだらしい。

少林少女

Wikipedia – ラクロス

ラクロス(Lacrosse)とは、球技の一種。クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いて、直径6cm・重さ150gの硬質ゴム製のボールを奪い合い、相手陣のゴールに入れることで得点を競う。カナダの国技となっている。男子と女子ではその他のルールが著しく異なり、また用具も異なっている。

ラクロスは男と女でルールや用語などが大きく違う。映画を見る前に基本情報としてラクロスの基本を頭に入れて置くといいかもしれない。

ちなみに、「少林少女」には、ナイナイの岡村さんも出演しているとのこと。ナイナイのオールナイトニッポン(ラジオ)で撮影風景について語っていた。

shorinshojyo3.jpg

とうとう頭に粉をふられましてね。はじめてのお粉体験でしたので、僕、メイクさんに「すいません」と。「はげてますか?」と。「これはムービーではしんどいですか?」と。そしたらメイクさんが「大スクリーンですので、映画館は。ちょっとモニター見てたら、目立ちましたので、お粉をふらせて頂きました。」と。「つむじとかちょっと目立つので、別に普通にはげてるからじゃなくて、明かりの加減とか目立たないように、結構みなさんなさいますよ」と。僕、現場で誰一人その粉をふっているをみたことなかったんですよね。あとにもさきにもぼくしかつかっていなかった。

ついに「岡村師匠」になったみたいです。お粉をふるためにほかの俳優を待たせるというベテランならではの「お粉待ち」が何度もあったとのこと。そんな「お粉イナセにお載せさん」の岡村さんも出演している「少林少女」を楽しみにしている!

少林少女

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です