酒のほそ道 – ラズウェル細木 – ラズウェル細木 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

お酒とつまみのマンガ。
結構好きなマンガで、これを読むと酒が飲みたくなる。
今時というよりは少し郷愁をさそう感じかもしれない。
主人公は、独身サラリーマン。自分が所属する課の課長や仲間と一緒に飲みに行ったり、学生時代の友人と飲みに行ったりと、基本はノンベエのお話。
あーそれやりたかった!というようなものもちょくちょくでてくる。
また、少しだけだが、1話ごとについているコラムもおもしろい。
お酒にあうマンガならコレでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です