こういう時に空売りで儲けている人がいるんでしょうね。

【この記事の所要時間 : 約 1 分

なんかすごいことになってる。

200801220950.gif

中国銀行、サブプライム関連で巨額損失か 香港紙が報道(魚拓

香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポストは21日、中国大手国有銀行の中国銀行が、米国の低所得者向け(サブプライム)住宅ローン関連の投資で、07年第4四半期に巨額の評価損を計上する見通しだと報じた。具体的な損失額には触れていないが、大幅な減益や赤字に転落する可能性がある、としている。

って「無法バブルマネー終わりの始まり – 松藤 民輔」の第二章「中国の不都合な真実」に出てきていた銀行っぽいね。
中国には、中央銀行の中国人民銀行の下に、いわゆる4大商業銀行がある。それが、中国工商銀行、中国建設銀行、中国農業銀行と今回話題の中国銀行だ。
なぜそれらがサブプライム問題に影響されるのか・・・といえば、松藤氏は以下のように記している。

俗に四大商業銀行と言われる中国を代表する銀行のうち、中国工商銀行、中国建設銀行、中国銀行の三行は、いずれも上場幹事会社はアメリカの投資銀行なのである。

つまり、中国の大手銀行がやっていることのアドバイスは、すべてアメリカの投資銀行が行っているとのこと。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です