スケーラブルWebサイト – オライリー・ジャパン (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

スケーラブルWebサイト
Cal Henderson
オライリー・ジャパン

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

規模を容易に拡大できるWebサイトの構築について解説した総合ガイド本。
ソフトウェアだけでなく、ハードウェアも解説されているのでGood!
以下目次だが、必要な部分だけ読めばOK。

1章 はじめに
2章 ウェブアプリケーションのアーキテクチャ
3章 開発環境
4章 国際化とローカライゼーションとUnicode
5章 データの一貫性とセキュリティ
6章 電子メール
7章 リモートサービス
8章 ボトルネック
9章 ウェブアプリケーションのスケーリング
10章 統計、監視、警告
11章 API

この中のメインの章は、9章の「ウェブアプリケーションのスケーリング」だと思う。小項目は以下のようになっている。

9.1 スケーリングにまつわる神話
9.2 ネットワークのスケーリング
9.3 PHPのスケーリング
9.4 ロードバランシング(負荷分散)
9.5 MySQLのスケーリング
9.6 MySQLのレプリケーション
9.7 データベースの分割
9.8 大規模なデータベースのスケーリング
9.9 ストレージのスケーリング
9.10 キャッシング
9.11 スケーリングのまとめ

ということなので、LAMP系のスケーリングにはオススメの内容となっている。
オライリー本は、体系的に学ぶにはとてもいい。
ネットでスケーリングに関するサイトを見ていても、多くの人が本書を薦めている。やはりある程度の規模以上のサイトを設計、構築、運用するには有用な書籍なんだと思う。
本書の原書(英語)を薦める人もいる。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です