GoogleカレンダーやGoogleマップに自分で登録していない予約状況などが反映されている場合の対処方法について

【この記事の所要時間 : 約 2 分

Googleのサービスって便利ですが、結構怖い部分もある。どういうところが怖いかというと、やっぱりプライバシー関係だ。具体的な事例をあげると、GoogleマップなどのGoogleの各種サービスは、Gmailと連携しているので、Gmailに送られてきた予約情報を認識して、GoogleカレンダーやGoogleマップへ反映するのだ。

登録した覚えがないのにGoogleカレンダーやGoogleマップに予約したホテルが予約日とともに出てくる(笑)

Gmailと連携してるって知らないと結構びっくりするし、サイトから予約して予約完了メールがGmailに来たが、その後、電話でキャンセルした場合などは当然反映されないので、モヤモヤする。

じゃあ、モヤモヤを解消するためにはそれを消せばいいのだけど、Googleカレンダーは予定を消せばいいだけなのでまあいいが、Googleマップへの反映の消し方はGoogleマップからはできない。Gmailからしなければならない。対象のGmailを完全削除すればGoogleマップから予約日表示は消える(タイムラグあり)

ただ毎回こんなことをするのも大変なので、今後、こういうありがためいわくな行為をサービスに反映させたくないって場合は、Googleにその設定を反映しないといけない。

https://sp7pc.com/google/google-account/15001

やり方は上記に書いてあるので参考にしてほしい。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください