秀丸エディタのデフォルトエンコードをShift_JISからUTF-8に変更したい

【この記事の所要時間 : 約 2 分

PCとスマホで同じファイルを閲覧する際にDropboxなどを使っていると問題になるのが、文字コードによる文字化けだ。

スマホでテキストファイルを見ることがなかったのがあまり気にしていなかったが、PCで入力したメモをDropboxに置いて、外出先でスマホから閲覧しようとすると、、、、文字化けw

あらーと思って調べると、テキストファイル作成に使っている秀丸エディタのデフォルトエンコードの問題だとわかった。

秀丸エディタのデフォルトエンコードをShift_JISからUTF-8に変更しようと思い、やり方を調べると、ばっちりのサイトを発見!

秀丸エディタのデフォルトエンコードをShift_JISからUTF-8に変更する

1.メニューから「その他(O)」を選択。

2.「動作環境(E)」を選択。

3.「ファイル」項目を展開して「エンコード1」を選択。

4.「標準のエンコードの種類(D)」ボタンを選択。

5.「エンコードの種類(C)」を「Unicode(UTF-8)」に変更。
ついでに「改行コード(R)」を「改行=LF」に変更。
「OK」ボタンを押下。

ついでに文字エンコードの自動判定の部分も変える。

6.「ファイルの内容を解析してエンコードの種類を自動認識する(E)」
のチェックが付いていることを確認。
判定の並びを「上へ(P)」ボタンを使って以下のように変更する。
—————————
・Unicode(UTF-8)
・日本語(Shift-JIS)
・日本語(EUC)
・日本語(JIS)
—————————

これでスマホからも文字化けせずに見ることができるようになったw

よかったよかった(笑)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください