男の生活の愉しみ – 宮脇 檀 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

男の生活について書かれた本である。
旨いものを食い、生活の中で考え、旅で学ぼうという内容である。
カーペットとスリッパに関する考察は面白かったし、はじめて聞いた説だったので面白く読んだ。
日本のお父さんは、家に居場所を確保するために名作のアームチェアを買おう!と著者は提案している。著者が推薦しているのが、食卓椅子としては、ハンス・ウエグナーのYチェアで、もう少しリーズナブルなものが、ヤコブセンのセブンチェア。
そしてメインのチェアは玉座!であるのでいいものを選ぼうという。
著者推薦は、イームズのラウンジチェアとコルビュジェのグラン・コンフォール。
ソファは、マレンコという大型座布団のようなものがいいとのこと。
建築家らしいホテルでの学びや蛍光灯と白熱灯の違い論なども面白かった。
まずまず楽しめる本といえる。




スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です