「惡問」のすゝめ – 猫組長, 沖田 臥竜, 柴田 大輔 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

山口組分裂の模様を内部から伝えた元山口組系組長「ツイッター組長」こと猫組長氏、そして関東連合元幹部として著作物を大ヒットさせた柴田大輔氏、さらに新進気鋭の元極道作家・沖田臥竜氏――アウトローを語らせたら当代一の3人が大集合!表社会では知ることのできないアウトローの基礎知識を「ギャクセン」満点、「深イイ話」満点でお届けする。この一冊で、「暴走族・ヤクザ資格国家試験」は合格間違いなしだっ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

猫組長の本ということで期待して読んだが、想像と違った。
本書は、ヤクザと半グレ(暴走族)の伝統、風習、しきたりなどを当事者が説明した内容となっている。
悪たちの昔話みたいな感じかな。

正直あまり面白くなかった。。。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください