7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT – ハロルド 作石 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

ハロルド作石完全最新作!!! 舞台は16世紀、空前の演劇熱に沸くロンドン。片田舎に育った無学の青年・ランス(W・シェイクスピア)は、個性豊かな仲間たちの才能を結集し、芝居の脚本を書き始める。それは、1本のペンだけを武器とした“革命”だった――! 絶対的格差のなかで“自由”を求めた、7人の文豪たちの熱筆疾風録!!!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

シェイクスピアとはどのような男だったのか?
非常に読み応えのある作品。おもしろい!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください