アンゴルモア 元寇合戦記 – たかぎ 七彦 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

中世ヨーロッパを席巻し、恐怖の大王=アンゴルモアの語源との説もあるモンゴル軍。1274年、彼らは遂に日本にやって来た! 博多への針路に浮かぶ対馬。流人である鎌倉武士・朽井迅三郎は、ここで元軍と対峙する!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

元寇を題材とした歴史漫画である。
舞台は、対馬。
期待した以上に面白い!
これは続刊に期待!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください