食糧人類 – イナベ カズ (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

ある日、高校生の伊江とカズの2人は、学校からバスで帰宅する途中、車中に催眠ガスを撒かれ拉致されてしまう。目が覚めると、そこは人が敷き詰められたトラックの上。辺りには冷凍された裸の人間たちが並び、生きた人間たちによって解体されていた‥。ここは一体どこなのか? この地獄から、脱出する術はあるのか? 『アポカリプスの砦』のコンビが挑む、人類生存を賭けた“食物連鎖”パニック!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

タイトル通りの作品。
評価が非常に難しい。この手の作品を読みなれてる人は、またコレ?感があるかもしれない。
1巻だけではわからないので、もう少し読んでみたいが。。。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください