BLUE GIANT – 石塚 真一 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

『岳』の石塚真一、最新渾身作!!

ジャズに心打たれた高校3年生の宮本 大は、川原でサックスを独り吹き続けている。雨の日も猛暑の日も毎日毎晩、何年も。

「世界一のジャズプレーヤーになる…!!」

努力、才能、信念、環境、運…何が必要なのか。無謀とも言える目標に、真摯に正面から向かい合う物語は仙台、広瀬川から始まる。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

ジャズと漫画。
それがスポ根になるとは!
引き込まれる!

大期待!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください