MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣 – シバタナオキ (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

この本は、会計ルールの詳細や、決算書を読むためのハウツーを説明するものではない。「数字が読めない」と悩む人のために、無味乾燥な数字の羅列に見える決算書から、その背景にある業界・企業ごとのストーリーを読み解く術を惜しみなく披露している。

「数字が読めない」と悩む前に、「決算なんて自分には関係ない」とあきらめる前に、本書にある「ストーリー」だけでも読み流してみてほしい。本書の内容を丸暗記するだけで、戦略分析のコツが身につき、必ず仕事に役立つはずだ。

本気で「数字が読めるようになりたい」という読者の方は、本書で紹介している決算分析の「方程式」を実際に使ってみてほしい。事業の勘所がすぐわかるようになり、世界で通じるビジネス教養が身につくはずだ。

 第1章: 決算が読めるようになると何が変わるのか?
 第2章: ECビジネスの決算
 第3章: FinTechビジネスの決算
 第4章: 広告ビジネスの決算
 第5章: 個人課金ビジネスの決算
 第6章: 携帯キャリアの決算
 第7章: 企業買収(M&A)と決算
 終章: 決算を読む習慣をつける方法

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

いままでなかった本である。
これは決算を読む習慣をつけたい投資家向けだと思う。

いわゆる簿記のような知識がなくても、PLとBSがわかっていれば理解できる内容。
投資する上の基本行動は、定点観測だと思う。その定点観測する対象の1つが四半期に1度開示される決算である。
本書ではIT業界を中心に競合他社との比較や分類を行いながら決算を読み方を著者と一緒に追体験する内容となっている。
1冊読みきった後に自分が投資している会社の決算書を読んでみよう。

やはり重要なことは、決算を読むことではなく、決算を読む習慣をつけることである。
地味な作業ではあるが、投資する上で必須だと思う。

それを改めて感じさせてくれた本書は良書!

そもそも決算って何?と言う人は対象にしていないので、そういう方は違う本を探した方がいいと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください