神隠し – 藤沢 周平 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

表題を含む短編集。
やっぱり藤沢周平は味わい深い。
山形出身であるためか、東北地方を思わせる舞台が多い。
もちろん江戸時代を題材とした作品が多いため、江戸もよく出てくる。
2~3時間一気に読む時間がなく、電車の中などでちょこちょこ読みたいなら藤沢周平の短編集をオススメしたい。それぞれの作品のレベルが高く満足できる。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です