ジェフ・ベゾス 果てなき野望 – ブラッド・ストーン(書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 3 分

ジェフ・ベゾス 果てなき野望
ブラッド・ストーン
日経BP社

インターネットに大きく賭け、買い物や読書の習慣を大きく変えてしまったアマゾン創業者、ジェフ・ベゾス。本書は、その奇才の生い立ちから現在までを詳細に追った物語である。宇宙に憧れた聡明な少年が、ウォールストリートの金融会社をへて、シアトルで創業。当初はベゾス夫婦とエンジニアのたった3人でアマゾンを始めた。そこからベゾスの快進撃は始まる。

時に部下を叱りつけ、ありえない目標を掲げ、けたたましく笑う。そうして小売りの巨人ウォルマート、大手書店のバーンズ&ノーブルなどとの真っ向勝負に立ち向かってきた。ベゾスのビジョンは、「世界一の書店サイト」にはとどまらない。「どんなものでも買えるお店(エブリシング・ストア)を作る」という壮大な野望に向けて、冷徹ともいえる方法で突き進んでいく。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

(かなり)遅ればせながら読みました。

非常に面白く、ジェフ・ベゾスの人格的な特異さ、有能さと、Amazonの非情さ、社風、哲学などが感じ取れる内容だった。
偉大な創業者の下で働くことの光と影を感じることができる。
まさに、Amazonの舞台裏を生々しく知ることができた。

アップルのスティーブ・ジョブズや、マイクロソフトのビル・ゲイツ、インテルのアンディ・グローブのようにジェフ・ベゾスは、相手に共感を持つ能力が欠ける経営者のようである。人格面のそのような不具合もビジネスでは有効な武器となる。とくにIT業界では。偉大な創業者とは得てしてそのようなものかもしれないが、Amazonで働く人達の苦労は並大抵ではないだろう。

個人的には、Amazonに対しては、株主とユーザーとして関わりたいが、従業員や取引先としてはNGである。
自分の家族や友人に対しても同様に伝えるだろう。
本書を通じて、自分の信念、価値観とは何かが問われたのかもしれない。

ジェフ・ベゾス談で印象に残ったのは、

「我々に大きな強みはない。だから、小さな強みを編んでロープにしなければならない」

これは参考になる。
また、以下については、読後少し考える時間を持ちたいと思った。

「コミュニケーションは機能不全の印なんだ。緊密で有機的につながる仕事ができていないから、関係者のコミュニケーションが必要になる。部署間のコミュニケーションを増やす方法ではなく、減らす方法を探すべきだ」

非常に重要な示唆が含まれていると感じた。

500ページとボリュームがある本であり、2014年発売と少し古いが、良書である。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください