はじめてのルーヴル – 中野 京子(書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

ダヴィッド『ナポレオンの戴冠式』、ヴァトー『シテール島の巡礼』、ルーベンス『マリー・ド・メディシスの生涯』、レンブラント『バテシバ』、ラファエロ『美しき女庭師』、カラヴァッジョ『聖母の死』、ボス『愚者の船』、レオナルド・ダ・ヴィンチ『モナ・リザ』etc.中野京子が詳細解説。ルーヴル美術館・厳選必見名画!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

あールーブルに行きたい!
ルーブルに行きたい!

あー。。。

読後、そんな感想を持ってしまう。
やはり見たい!見たい!

中野京子さんの詳細解説が盛り上げる。
やっぱりいいね。

今度の「怖い絵」展も楽しみ!

————————————————————————————————————————
■「怖い絵展

東京会場:上野の森美術館
東京都台東区上野公園1-2

■会期:2017年10月7日(土)~12月17日(日)※会期中無休
■開館時間:午前10時~午後5時(※入場は閉館の30分前まで)
————————————————————————————————————————

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です