ショッピングサイトと情報サイトの違い

【この記事の所要時間 : 約 2 分

「薬事法」と「医師法」にかかわるサイトを作ることがある。ただ、ヤフカテ登録を狙うとか検索連動広告を打つとかを考えていない場合は、文章などあまり気にしていなかった。
以下のサイトで基本的なことが書いてあった。
WEB制作のスキルに薬事法と医師法の知識は必要ではないかという提案

食品関係のショッピングサイトには細心の注意が必要となる。ホームページ作成をする上で、最も注意しなければならないのが、法律的トラブルの回避です。
医薬品・医療機器に認められた物以外は、何があっても同一サイト上で、『病名』を出してはいけません。
これらは商品の販売を目的とした文章にのみ適応されます。
逆に言えば、商品が絡まない場合はかなり『好き勝手』言っても、あまりとがめられません。

「商品の販売を目的とした文章にのみ適応」というところがポイントですね。
サイトがショッピングサイトだとかなりしっかり文章を検討しなければならないけれど、商品を販売しない単なる情報サイトならあまり気にしなくてもまあいいということですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください