美術館の舞台裏 – 高橋 明也 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

一九九七年、スペインのさびれた地方都市ビルバオに世界的に有名な建築家フランク・ゲーリー設計のビルバオ・グッゲンハイム美術館が誕生しました。その集客は最初の3年間で400万人、収益約5億ユーロ!しかしこの美術館は存続の危機に陥った老舗名門美術館による起死回生の挑戦でした。美術品の保存と研究を旨とする美術館に、今、商業化とグローバル化の波が押し寄せています。新しく変わりつつある文化の殿堂で何が起きているのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

よく行く美術館の裏側というか展覧会がどのように作られているかがざっくりとわかるようになっている。
著者は、三菱一号館美術館の館長であり、自身の体験を踏まえた上で、美術館の成り立ちから、日本における美術館とその運営などについて結構細かく書かれている。読んでいて思うのは、やはり西洋画というものは、フランスやイタリアに比べると日本で扱うのはいろいろと難しいだろうということ。それは集客や資金面だけでなく、文化、宗教、教育など多岐にわたると思う。

日本における新聞社のスポンサードがどのような影響を与えたのかについての考察は、そうだったのか!とちょっと驚いた。

また、上野に美術館が集まっている理由が、明治維新期に、戦争で上野が焼け野原になり、そこに都市計画が制定され・・・という話は、いままでまったく知らなかった。

海外の美術館から絵を借りるのに、日本はお金が使いすぎたという話があるが、そうしなければ日本に絵を持ってくることができなかったのだろう。海外旅行が身近な現代では海外で見ればいいじゃない?と思うが、昔は日本に絵を持ってきて展示しなければ、文化を浸透させられなかったということを考えると必要悪だったのではないかと思う。

今後は、中国や中東が日本と同じことをするのかもしれない。
著者は将来の美術館像についても想像しているが、それは本書を読んでからのお楽しみ。

美術館運営という知られざる密室を少し覗かせて頂いた。
面白かった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください