不朽の名画を読み解く – 宮下 規久朗 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

不朽の名画を読み解く
宮下 規久朗
ナツメ社

美術とは感性で見るものですが、ある程度の知識があった方が間違いなく深く味わうことができます。どんな美術作品にも、その背後にある文化や思想が反映されているからです。本書は、西洋の代表的な名画を簡潔に解説し、基本的な見方を紹介しています。具体的には、14世紀以降の西洋絵画の父ともいえる巨匠ジョットから、現存するドイツの画家リヒターまで70点を収録。いずれも西洋美術史を語る上で欠かせない巨匠の屈指の名画ばかりです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

分かりやすく、読みやすい。
他書でもとりあげているような有名な絵画ばかりなので、初心者にもOK。
オールカラーという点もすばらしい。

辞典ぽくもある。

こういった付随知識があると絵画も楽しく見える。
絵画をより楽しむための良書。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です