名画に見る男のファッション – 中野 京子 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

「短パンで脚線美を誇示してハイヒールを履く心情」「結婚記念の肖像画でコスプレをしている理由」「男性らしさを強調する下着の秘密」―絵画30点に描かれた当時の男性ファッションの流行と、男の美への執念を、大ヒット「怖い絵」シリーズの中野京子が鮮やかに斬る。男たちが暑さにも痒みにも耐え頑張る様子には、古今東西まさに“オシャレは我慢”だと実感!美術ファンもファッションマニアも楽しめます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

さすがの中野京子本である。
絵画の中の男性ファッションを取り上げて解説する一冊。
絵画が好きな人にも、ファッションが好きな人にもオススメ。

オシャレというのはいろんな形があるのだなあと思った。

————————————————————————————————————————
■「怖い絵展

東京会場:上野の森美術館
東京都台東区上野公園1-2

■会期:2017年10月7日(土)~12月17日(日)※会期中無休
■開館時間:午前10時~午後5時(※入場は閉館の30分前まで)
————————————————————————————————————————

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です