ストレッチのコツ?

【この記事の所要時間 : 約 2 分

身体が硬い。
鋼鉄の身体というわけではなく、柔らかくないということ。
子どもの頃から野球やテニスなどの運動をやってきたが、今まで一度も前屈で指先が地面についたことがない。(はずかしながら。)
もちろん反動をつければ、ワンタッチくらいはできる。
寝る前に柔軟してから寝ているが、まったく柔らかくならない。
そんなときに出会ったのが以下のエントリー。
ストレッチのコツ、あるいは「実録! 体育教師に『なにその硬さ。お婆さん?』と嘲笑されたわたくしが開脚前屈で胸をぺったり床につけられるようになるまで」

わかったー! どんなに頑張っても体が柔らかい人ほどには柔らかくならなかったストレッチのコツが、ようやくわかったー!! そんで昨夜は、生まれて初めて開脚前屈で胸がぺったり床につけられたよ! 立位体前屈でも、指先だけじゃなく指の付け根までぺったり床につけられたよ! 嬉しいよおおおおう!
コツは股関節の使い方と、下腹に腹圧をかけて「押す」動作にありました。それを教えてくれたのが、『スポーツ選手なら知っておきたい「からだ」のこと』という本です。昨日この本を買ってきてそのとおりやってみたら、いきなり「胸ぺったり」ができて驚愕したんですよ。

なんか画期的な方法みたいなので、家に帰って試してみたいと思う。
実際、やり方次第で効果がぜんぜん違うなんてことはたくさんある。
昔は腹筋のやり方がわかってなかった。そのためシックスパックをつくるなんて夢のまた夢と思っていたが、なぜ腹が凹まないのか?で書いたように、シットアップとクランチの違いだけで効果が全然違った。
たぶんこういうことなんだろうと思うので、期待大!

体が硬い人のためのストレッチ (PHPビジュアル実用BOOKS)
荒川 裕志
PHP研究所
売り上げランキング: 61,858
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください