奄美大島の旅 – 島No.1のオーセンティックバー「QLK」へ行って来た!

【この記事の所要時間 : 約 3 分

奄美大島の中心地・名瀬で食事をした後、家族をホテルへ帰して1人繁華街へ。事前に奄美にもオーセンティックバーがあるという情報を仕入れていたので、さっそく奄美大島一の繁華街である「屋仁川通り」付近にあるバーへ。

シティホテル奄美2Fにあるのが、バー「QLK」だ!

1989年オープンなので、28年の老舗。焼酎文化の奄美大島でオーセンティックバーを長年継続するオーナーとはどんな人なんだろうか…..

中は古びているが、オーセンティックな雰囲気。奄美にもちゃんとあった!

奄美に来たので黒糖焼酎ではなく、地元のラムでなにかいいものを飲みたいとマスターに伝えると、奄美群島である徳之島産「ルリカケス」というのがあるが、あまりオススメできないとのことだったので、まずはジントニックを。

マスターに話を聞くと、昼はトマト農園を営んでいるとのことで、昼は農家、夜はバーという形式を長年続けているみたい。トマトは「野生の証明」という銘柄のトマトを栽培しているとのことで、つまみに出してもらったが、うまかった。

客層もよく、医療法人代表の医師、島の美術協会会長の画家、まぐろ・かつお漁船のキャプテン、鹿児島県観光協会の方々など楽しくお話でき、楽しい一夜だった。

奄美大島を舞台にした満島ひかり主演の映画「海辺の生と死」が2017年7月29日から全国ロードショーされているが、奄美大島での撮影の際にディレクターと一緒に満島ひかりもこの店に来たとのこと。マスターは誰か知らなかったらしく、前日には夜遅くに来たので一度追い返したが、翌日また来て、女優だと知り、びっくりしたとのこと。

医療法人代表の医師と島の美術協会会長の画家は、島尾敏雄・ミホ夫妻の息子であるカメラマンの島尾伸三と同級生とのこと。やっぱり地元ネタは面白い。バーには楽しい話がいっぱい転がっていて、やっぱり楽しかった。

後日、ネットで調べたら、マスターのことが紹介されている記事を見つけた→昼は畑で農業をして、夜はショットバー「QLK」のマスターをしています。

つづく.......

奄美大島を舞台にした満島ひかり主演の映画「海辺の生と死」が2017年7月29日から全国ロードショーとのこと。とても楽しみ!

「海辺の生と死」のあらすじはこちらを見てくださいね!

映画「海辺の生と死」は、島尾ミホの同盟小説と、夫の島尾敏雄の「島の果て」を原作としている。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です