食卓の情景 – 池波 正太郎 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

おいしい食べ物をメインに人生を語るエッセイ集。
池波正太郎の感覚がトレースできるような気がした。
現代ではちょっと(いや、かなり)難しい家族の形ではある。

先ず、私ひとりが膳につき、家内が給仕をする間に、台所に接した畳敷きの一角で、母が自分と家内との食卓をととのえる。私がひとりで晩酌をはじめると、家内は母と食事にかかり、終る。そのころに私の酒もすみ、家内があらわれて飯と香の物を運んでくる。これが毎日のだんどりなのだ。

しかしながらなんだか味がある。
池波正太郎の食事の話を読んでいると、ほんとに何かを食べたくなる。
それも酒といっしょに。
なぜなんだろうか?
鮨、チキンライス、とんかつ、カツレツ、とろろ飯、蕎麦、どじょう鍋、鯉の洗い、ビーフ・ステーキ、湯豆腐、鰻などなど。
ウィスキー・ソーダでいきたいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です