奄美大島の旅 – 高知山展望台へ行ってきた!

【この記事の所要時間 : 約 2 分

レンタカーで奄美大島北部にある奄美空港から3時間ほどかけて奄美大島南部の瀬戸内町にある高知山展望台へ行ってきた!

これが展望台。一番上まで上ると、そこからは大島海峡の全貌を見ることができる。ここから眺めると、加計呂麻島の大きさが改めてわかった。

古仁屋の市街地から車で山を登る感じで10分くらいかかる。ちかくにゴルフ場があるみたい。車を駐車場に止めてから徒歩5分くらいかな。

古仁屋の市街地が見える。その向こうが加計呂麻島である。

加計呂麻島こそが、国民学校の教師・島尾ミホと、海軍特攻艇隊長・島尾敏雄が出会った場所であり、満島ひかり主演の映画「海辺の生と死」の舞台でもある。

高知山の展望台へは少し遠いが、その価値は十分にあると思う。大島海峡の複雑さ、そして海の美しさが堪能できた!

つづく.......

奄美大島を舞台にした満島ひかり主演の映画「海辺の生と死」が2017年7月29日から全国ロードショーとのこと。とても楽しみ!

「海辺の生と死」のあらすじはこちらを見てくださいね!

映画「海辺の生と死」は、島尾ミホの同盟小説と、夫の島尾敏雄の「島の果て」を原作としている。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です