奄美大島の旅 – あやまる岬&土盛海岸へ行ってきた!

【この記事の所要時間 : 約 3 分

奄美十景のひとつである「あやまる岬」へ行ってきた!とてもキレイ!

小高い丘にある展望台から眺められるのは、左手に笠利崎。正面に太平洋、右手に土盛海岸を一望できる大パノラマ。

奄美大島にとって、奄美空港がある笠利町が島の玄関口となっており、そんな笠利町にある奄美パークとともに観光の目玉となっているのが、このあやまる岬である。一面太平洋を見渡せるこの景色は、奄美の展望所の中でもずばぬけてすばらしく、奄美北部を観光するなら、絶対はずすことのできない一大名所だと思う。

すぐ下にはファミリーで楽しめる公園、グランドゴルフ場が整備されていて、あやまる公園という名称になっていた。

こんなのまである。

泳げるスペースも用意されており、軽いシュノーケリングまで楽しめる。小さな魚がいっぱいいた。シャワー室もあってタダで楽しめる場所である。

有料だが、サイクル列車があった。奄美大島唯一の線路www

こんな感じでサイクル列車「あやまる号」で2周楽しめた!

サイクルカーもあった。こちらは30分100円。今回は使えなかったが、ふるさと納税で新車を購入したらしく、近々に新しいサイクルカーがお披露目されるらしい。

空港から15分くらいの場所なのでオススメ!

あやまる岬からほど近い場所にブルーエンジェルと呼ばれる海岸がある。それが、「土盛海岸」である。ちなみに「ともりかいがん」と読む。

こじんまりとした海岸だが、円形の海岸に美しいグラデージョンの海が美しい。

白砂とエメラルドグリーンからブルーへと色を変える珊瑚礁の海がきれいなビーチ。結構流されたりするらしく、海難事故が多いのでシュノーケルには向かないらしいが、眺めるにはいいビーチだとおもう。

空港から近いキレイなビーチならココかな。

つづく.......

奄美大島を舞台にした満島ひかり主演の映画「海辺の生と死」が2017年7月29日から全国ロードショーとのこと。とても楽しみ!

「海辺の生と死」のあらすじはこちらを見てくださいね!

映画「海辺の生と死」は、島尾ミホの同盟小説と、夫の島尾敏雄の「島の果て」を原作としている。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です