厚生労働省は、効果が確認された治療法を即座に保険適用にせよ!

【この記事の所要時間 : 約 4 分

何かと話題の「混合診療」について。
asahi.com – 混合診療、「禁止」は法的根拠なし 東京地裁判決(魚拓

東京地裁(定塚誠裁判長)は7日、「混合診療の禁止に法的根拠はない」との判断を示した。国は患者が混合診療を受けた場合、「一体化した医療行為」とみて保険適用分の診療費も自己負担としているが、地裁は保険適用分は給付を受ける権利があるとした。

産経ニュース – 「画期的」「無原則な解禁疑問」…混合診療判決に波紋(魚拓

厚労省は「有効性、安全性が確認されていない未承認の治療で患者が不利益を受けることを防ぐため」と混合診療禁止の理由を説明。解禁の予定はないという。
 日本医師会も混合診療には反対の立場。「お金のある人はより高度な医療を受けられるようになるが、貧しい人は限られた医療しか受けられなくなる」と主張している。

毎日.jp – 混合診療訴訟:全額自己負担は違法 東京地裁で国側敗訴魚拓

保険診療と保険外診療(自由診療)を併用する「混合診療」を実施すると、本来は健康保険が適用される診療も含めて治療費全額が自己負担となる厚生労働省の運用が妥当かどうかが争われた訴訟の判決が7日、東京地裁であった。定塚誠裁判長は「厚労省の法(健康保険法)解釈は誤り」と指摘し、原告患者に保険給付を受けられる権利を認めた。混合診療を原則として禁止する国の政策を違法とする司法判断は初めて。

原告は訴えるべきものを間違っているのではないだろうか?
× 「混合治療を認めるべきだ!
○ 「効果が確認された治療法を即座に保険適用にせよ!
世界的に効果が認められている薬や治療法を厚生労働省が保険適用してないのが問題になっているという認識だったけど、なんか方向性が違うような気がするというか、木を見て森を見てないというかそんな印象を受けた。
混合治療解禁と病院の株式会社化ってセットでしょ?
混合治療が解禁となったら以下のような流れになると思うけど、違うのかな?

混合治療が解禁となる。
    ↓
経済界から医療へ株式会社の病院が参入する。
    ↓
国が新しい治療法or新薬を保険適用化する速度が鈍化する。
    ↓
新しく効果が確認された薬や治療法はほとんどが自由診療扱いになる。
    ↓
株式会社○○病院は保険診療より自由診療の治療法を患者にすすめる。
    ↓
専門知識のない患者は、判断できないので株式会社○○病院の言うがままorすがる。
    ↓
株式会社○○病院は保険診療で経営を安定させ、自由診療で大きく儲ける。
    ↓
お金がない患者は、混合治療がOKとなる前までの古い治療法しかできなくなる。
    ↓
お金持ちしかちゃんとした医療を受けれなくなる。
    ↓
医療格差が社会問題化する。

ということで医療に参入したい経済界しかメリットがないと思うんだけど・・・
間違ってたら誰か教えて。

混合診療 「市場原理」が医療を破壊する
出河雅彦
医薬経済社
売り上げランキング: 184,678
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です