【小倉】 小倉城へ行ってみた!

【この記事の所要時間 : 約 2 分

小倉駅から徒歩5分ほどで見えてくるのが小倉城である。

関ヶ原の戦い後に、細川忠興によって1602年から7年の歳月をかけて築城したとのこと。

この天守閣は「唐造りの天守」と呼ばれているらしく、4階と5階の間に屋根のひさしがなく5階が4階よりも大きくなっているのが特徴とことで、確かに先細り型ではなく、最上階の5階が張り出した形になっていた。

1837年城内から発した火災によって全焼した後、天守閣は再建されなかったが、1959年に北九州市民の熱望によって天守閣が再建されたようである。

城の石垣は切り石を使わない野面積みで、素朴ながらも豪快な印象である。

細川家が熊本へ転封となった後、1632年からは、譜代大名の小笠原氏の居城となる。

小倉城の中に入るには、350円。

小倉の城下町をジオラマで再現している歴史ゾーン。

城内体験ゾーンでは、「大名かご」があり、中に入ることもできた!

5階の展望ゾーンでは、小倉城の天守閣から小倉の街が360度ぐるりと見渡せた!

時間があればゆっくり見たい城だった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です