モダン・ゴルフ – ベン ホーガン - その4

【この記事の所要時間 : 約 3 分


モダン・ゴルフ - ベン ホーガンモダン・ゴルフ – ベン ホーガン

しかし、ここで再び、このゲーム・・・・すなわち、この”魔性の女”が男に性根をすげ変えさせるような手に出る。自信満々の男が、名状しがたい幸福感に酔いしれているとき、女は男を突如、不幸のどん底につき落とす。
ティショットはスライスばかりで、ラフからやっとフェアウェイにいきついたと思ったら、今度はハザードにつかまり、オンしても4パットという悲哀の幕が切って落とされる。
こうして男は懲らしめを受け、謙虚であることの美徳の重要性を、再び悟るのである。


バックスイングの次は、ダウンスイングだが、今だにできていないことが多い部分である。
まずは、腰について、

ダウンスイングを腰の動きからはじめることは、極めて重要なことだ。
ダウンスイングのメカニズムを最も損なう確実な方法は、ダウンスイングを腰からではなく、手から始めることだ。下手なゴルファーのほとんど全員はそうしている。

腰を先に動かし、スイング中に、意識的に手を使うことをあくまで避けよという。
腰から先に動かせば、あとは1つのことだけを考えればいいという。そのあと1つとは何か?
それは、ボールを強く打つことだ。
この腰から先に動かすダウンスイングが今だにできていない。
そして、この「モダンゴルフ」を読んでもっとも大きな発見の1つが、次のインパクト時の左手首の問題である。これを知ったときには衝撃が走った。それほどの問題である。
それは何か?インパクト時の左手首は「内転」ではなく、「外転」するということだ。
内転とは、「手のひらが下を向くような動き」のこと。
外転とは、「手のひらが上を向くような動き」のこと。

すべての優れたゴルファーの左手首は、インパクトで外転運動をおこなう位置にきている。だが、腕の悪いゴルファーの場合、これとまったく逆のことをする。クラブがボールをとらえる際に、左手首を「内転」させてしまう。

ゴルフ雑誌などでたまに特集があるのが「ターフの取り方」である。
現状のところ、ターフなど取れたことはない。今のところ取れるのはターフではなく、ダフった際の穴ぼこだけである。今まで、ターフが取れる理論がよくわからなかったが、ベンホーガンに言わせると、インパクト時に左手首を「内転」させているうちは、そもそも不可能とのこと。

手首を内転させるゴルファーのダウンスイングのアークは、事実上、バックスイングのアークを逆トレースしたものと考えていい。だが、本来、ダウンスイングはバックスイングを逆にトレースしたものであってはならないのである。一方、手首を外転させると、多くの大変好ましいアクションを可能にする体勢ができあがる。まず、適度の大きなアークが作れる。また、両腕をインパクトで十分に伸ばし、インパクトの直後にターゲットに向けて振る際にも、腕が十分に伸ばせる体勢を取ることを可能にしてくれる。
手首の外転は、その他の面でも、距離とショットの正確性に貢献する。
その一つは、クラブヘッドがターフを取る前に、ボールを完璧にクリーンにとらえやすくするという点である。

左手首の外転は、練習しかない!
これをなんとか覚えたい!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です