モダン・ゴルフ – ベン ホーガン - その3

【この記事の所要時間 : 約 3 分


モダン・ゴルフ - ベン ホーガンモダン・ゴルフ – ベン ホーガン

だが、”魔性の女”は、相変わらず男を欺き続ける。
再び、男は傲慢になり、自惚れが強くなる。すべてがはっきり見えるようになり、必殺のティーショットと、止めを刺すアプローチ、そして正確無比なパッティングで、仲間に君臨する。
そして、大いなる歓喜の中で、彼は世の中の男性すべて・・・それも、とくに自分のフォアサムのメンバー・・・を愛していることに気づく。
そうなると、自分が新しく見つけた秘訣を独り占めすることに耐えがたくなり、惜しげなくそれを仲間に分かち与えるようになる。まさに、慈善的精神の権化と化すのである。
しかし仲間にとって、男は同時に「嫌な奴」でもあるのだ。


グリップとスタンス、アドレスの次は、バックスイングであるが、ベンホーガンはバックスイングについて以下のように述べている。

はじめに胴体と脚と腕が正しい位置にあり、バランスが取れていれば、平均的な身体機能を備えたゴルファーならだれでも、バックスイングに求められている正しい動きを行うことができる。

つまり、グリップとスタンス、アドレスが正確ならば、バックスイングはそれほど難しく考える必要はないということである。ただ、アベレージゴルファーにとってはいくつか注意する点はもちろんある。
まずは、腰の回転についてである。

著名なゴルファーの中には、腰を大きく回すことを推奨する人たちがいるが、私は賛成しかねる。腰と肩の間の筋肉に張りが作れなくなるからだ。

次は、バックスイング時の右脚について、

右脚は、バックスイングが完了するまでアドレス時と同じ位置にあり、地面に対して同じ角度を保っていなければならい。この点は、アベレージゴルファーがウォームアップする際も、実際にコースに出ても、かならずチェックすべきポイントの1つである。
右脚が安定していて、膝が内側を向いた状態を保っていれば、脚の張りが緩んで右側にスライドし、ついでに体もスウェーするのを防ぐことができる。

そして、左ヒザについて、

バックスイングで左ヒザは右方向に正しく折れる。左ヒザが正面に突き出て、ヒザが折れる際に体全体が沈み込むことは決してあってはならない。

というのが注意点である。
それ以外では、レッスンでも習っている「スイングプレーン」が重要だ!とのこと。
内容は、レッスンで習ったこととほとんど同じなので理解している。
追記しておくこととしては、以下の点くらいかな。

クラブと腕が理想のプレーンよりも少し下を通ったとしても、あまり害はない。しかし、ガラスが割れるほど腕をプレーンの上まで突き出せば、災難に見舞われる。

つまり、多少、フラットでも問題はないが、アップライトは問題だ!ということである。
ベンホーガンからすると、横峰さくらはアウトだ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です