モダン・ゴルフ – ベン ホーガン - その2

【この記事の所要時間 : 約 3 分


モダン・ゴルフ - ベン ホーガンモダン・ゴルフ – ベン ホーガン

ときには男は、怒り狂うことによって失意を隠そうとする。
クラブを全てウォーターハザードに叩き込み、新品のボールを惜しげもなくキャディにやってしまう。
もうたくさんだ、やる気が失せた、ゴルフなんかもう止めた・・・というわけである。
もちろん、男は戻ってくる。そして突然、奇跡は起こる。何をやってもうまくいかなかった失意の男が、今度は、何をやってもうまくいくようになるのだ。
そこで彼は、池の中に投げ捨てたクラブをすくい上げ、キャディからボールを買い戻す。
そして、歌の文句にもあるように、「今になって、すべての秘密がやっと解明できた」ことを感じるのである。


グリップの次は、やはり、スタンスとアドレスである。
以前、スタンスとアドレスについて少し書いた。
アドレスの正確な意味を知っているだろうか?
スタンスとは、「プレーヤーがストロークを行おうとして両足の位置を定めること」を意味し、アドレス(正確には球にアドレス)とは、「プレーヤーがスタンスをとり、クラブをグラウンドしたときのこと」を意味する。
スタンスに関しては、ベンホーガンは明確である。

正しいスタンスはただ一つ、つまり、右足を飛球線に対して直角にして、左足を左方向に4分の1回転させたもの

としている。
そしてこの正しいスタンスによって、腰の回転を適正に範囲にすることを可能にして、過剰となることを防げると説いている。
そしてアドレスであるが、ベンホーガンは、アドレスで腕の位置を正しくすれば、スイング中に腕を正しく機能させることが計り知れないほど楽になるという。
そして、アドレスで強調されるのが「ヒジ」である。
ベンホーガンは、両ヒジはできるだけ互いに絞り込んでおくべきだと言う。

両ヒジは内側にしまい込まなければならず、胴体からはみ出してはならない。アドレスでは、左ヒジは左の腰骨をまっすぐに指し、右ヒジは右の腰骨をまっすぐに指す。さらに、両前腕と両手首の間には、安定した一体感が感じられなければならず、この感覚はスイングが終わるまで維持されなければならない。

そしてこれが難しいのだが、「右ヒジの場所」である。

バックスイング前半で、右ヒジはほとんど動いてはならない。水平にスライドして体の外側に突き出ることも、体の右サイドに沿って後ろにずれることも禁物だ。腕を体に近い位置でたたんでいく際は、右ヒジは常に地面を指していなければならない。

これを実践してみると、体の内側の筋肉が使われていることがわかる。
脚、太ももの内側であったり、腕の内側である。
この部分は、よくゴルフレッスンで言われるような、腕の三角形(グリップと両肩の間)を出来るだけ長く維持するという教えとはかなり違う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です