モダン・ゴルフ – ベン ホーガン - その1

【この記事の所要時間 : 約 3 分


モダン・ゴルフ - ベン ホーガンモダン・ゴルフ – ベン ホーガン

ゴルファーは、このゲームでは”婚約期間”が長いことを承知している。
いわば、魅惑的で移り気な恋人に求愛するようなものなのである。
”彼女”は、好意らしい好意などほとんど見せずに相手を騙し続けるが、男のほうは、彼女のほんの少しばかりの好意に触れただけで、征服への夢を膨らませていくのである。
すると今度は、彼女は男を蔑み、侮辱する(それを、彼の友人たちの面前でもおこなうのだ)。


今、まさに格闘中なのが、「グリップ」である。
ベンホーガンは、グリップは、”ほぼ正確に”ではなく、”正確に”握る必要があるという。
まずは左手(右利きの人)。

左手の人差し指を曲げると、クラブは指の筋肉と、手のひらの肉趾の筋肉だけで持ち上がり、かなりしっかりと支えていられることに気づくだろう。
次に、左手を閉じる。親指を固定する前に、4本の指をグリップに巻きつける。そうすれば、クラブは正しい位置で握ることができる。
左手のグリップが完了した際、親指と人差し指によって作られるVの字は、右目を指していなければならない。

これが結構難しい。
意味もわかり理解もできるが、実践が難しい。
反復練習が必要である。
そして、右手。

右手で正しくグリップするためには、まず右手をある程度開いた状態で、手のひらをターゲットの方向に向ける。次に、シャフトが四本指のつけ根の部分にくるような形で、クラブを右手に置く。シャフトは決して手のひらに置いてはならない。
右手のグリップは、いわゆる”フィンガーグリップ”にする。クラブをもっとも強く握る指は2本、つまり中指と薬指である。

今、個人的に問題なのが、右手の親指と人差し指である。
なぜかわからないが、ボールを打つ瞬間に「右手の親指で押し込みたい」というような欲求があるためか、右手の親指と人差し指を使いすぎる。そのことはよく指摘され、治そうと試みるがなかなか治らない。
そのため、ベンホーガンは、アベレージゴルファーは、右手の親指と人差し指をシャフトから完全に離してクラブを振る練習をすべきだという。
そして、グリップについてのベンホーガンの格言が以下である。

ゴルフでは、極めて正確にやらなければならないことがいくつかあり、その場合、”おおよそ”正しいというだけでは、決して正しいことにはならないのだ。グリップは、半分だけ正しいことをおこなったところで、なにも達成できない分野に属することの1つだ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です