合気道とラグビーを貫くもの – 内田 樹,平尾 剛 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

合気道とラグビーを貫くもの 次世代の身体論  (朝日新書 64)
内田 樹 平尾 剛
朝日新聞社

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

内田先生と、平尾 剛氏の対談をテキスト化したもの。
平尾氏が神戸製鋼の選手だったため、ラグビーの話がよく出てくるが、ラグビーをよく知らないので、なんだかちんぷんかんぷんな感じに思えた。
内田先生お得意のある分野とある分野の共通項を見つけてきた、ごりごりっと混ぜてあらよっ。という感じに纏め上げる手法で作られた本である。
それが今回は、武道(合気道)とラグビーだったが、個人的にはしっくりこなかった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です