内藤忍の資産設計塾 実践編 – 内藤 忍 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

「投資リターンの80%はアセット・アロケーションで決まる!」ってことはわかったが、どう実践すればいいのか?という人に向けた著者の提案が本書である。
インデックスファンド、アクティブファンド、外貨MMF、ETF、REIT、外債、FXなどの使い方を理解した上で、どのようにポートフォリオを作ればいいのかを丁寧に説明している。
6つのアセットクラスを用意し、各アセットクラスの期待リターンを設定し、運用資産全体での期待リターンを設定する。そのうえで、運用金額に合わせたポートフォリオ例を例示。
現在の資産状況から理想のアセット・アロケーションへの移行方法や、モニタリング、リバランスの行い方も説明している。
要再読!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です