東京-成田空港にLCCバスで安く行く「THEアクセス成田」に乗車してみた!

【この記事の所要時間 : 約 4 分

これだけ人気になっているにも関わらず、初めてLCCに乗ることになったので、久し振りに成田空港へ。東京から成田空港へどのルートで行こうかと考えていたら、最近では、LCCバスという格安エアポートバスがあるという情報を聞き、調べてみると・・・

既存のリムジンバスは3000円で、東京駅から出ているLCCバスは900円~1000円と、なんと三分の一の料金で行けるとのこと!

選択肢としては、東京シャトルは900円、THE アクセス成田は1000円ということで、100円の差はバスにトイレがついているかどうかということみたい。

電車と比べても安いので、他にデメリットはないかと調べてみると、渋滞に巻き込まれて遅れる可能性や乗り方、場所、予約の仕方などがわからないという不安があったが、渋滞以外は調べれば簡単にわかったので、渋滞を考慮して少し早めの便を予約してみることにした。

乗り場は、東京駅の八重洲南口から出て、右へ。

徒歩30秒でバス乗り場に到着。近い!

こんな感じで外国人観光客も結構利用していた。

バスの側面にも書いてあるが、LCCバスの乗り方はとても簡単。直接このバス停に来て並ぶだけ、不安な人は予約もできるが、予約できる席数には上限があるので、並んでいればどのバスかには乗れるという感じ。

バスに預けられる荷物はスーツケース1つまでみたい。

LCC御用達の成田空港3番ターミナルへ行くので、荷物には「3T – LCC」とチェックされた。

予約していったので、バス停で名前を言うとこんな「予約確認カード」をくれた。予約している人は並んでいる人より優先的に乗れる。

中はこんな感じ。3000円のリムジンバスとなんの違いもない・・・リムジンバスはどんだけぼったくっていたんだ・・・

予約せずに並んでいる人達。ちなみに今回は並んでいる人は全員乗れた。

預けた手荷物がわかる番号。ただし荷物を下ろすときにチェックはなかった。。。

東京駅から成田空港の第3ターミナルまで80分ほどで到着。バスに揺られながら、スマホでAmazonPrimeの動画を見ていたので一瞬だった。

到着口は第3ターミナルのバス停12番というところだった。

道に沿って建物がある方へ進んでいけば第3ターミナルとのこと。

手前に横断歩道があった。

エスカレータで上へ。

80mほど歩く。

あと少し。

第3ターミナルへ到着!

今回は、SPRING JAPAN(春秋航空)のLCCに乗るので、ここでチェックイン。

スーツケースを預ける。預ける荷物は20kgまでの制限があったが、16.2kgでクリア。

ゲートを通って、飛行場へ。

富士山が見えた!

目的地の佐賀空港へ到着!

タイムズで、レンタカーを借りる。

佐賀国際空港では、どのレンタカー会社でも24時間1,000円&乗り捨て無料というキャンペーンをやっていて今回はそれを利用させてもらったので安かった。

佐賀駅に到着!

LCCバス何の問題もなかった。LCCも何の問題もなかった。これからは東京からLCCバスに乗って、成田空港からLCCに乗ることが増えるだろう。だって安いし、1回乗ってみれば問題ないことがわかるから。LCCバスはとにかくお勧め!乗り場も降り場も問題ないし、渋滞もそれほど不安視するほどでもないと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です