プロギアの「HOT HAND」がやってきた!

【この記事の所要時間 : 約 1 分

ゴルフで使う手袋(グロープ)は、いろいろと使ってみたが、使いやすさ、肌感、すべりにくさなどを総合的に考えると、プロギアのドライハンドに行き着いた。
夏は、汗をよくかくし、ぬれた手袋を使っていると黒く変色しがちになるが、このドライハンドのいいところは、なんと洗えるところ。このおかげで、いつもきれい。

ただ、ドライハンドは、夏用で、冬にはどうしようかな~と思っていたら、なんと冬用もあることが発覚。
その名も「ホットハンド」。
hothand1.jpg
コレは、「アウトラスト」という温度調整素材をフリースとして使用した両手タイプの冬用グローブ。
この「アウトラスト」はNASAのために開発された温度調整素材らしい。
吸熱、蓄熱、放熱を繰り返して身体に快適な温度帯を得られるらしい。
hothand2.jpg
右手は指先がないタイプであるが、カバーがついており、グリップを握らない場合はカバーをつけてぬくぬくという設定らしい。
hothand3.jpg
手を冷やさずグリップの感覚を最適に保つ、このホットハンドを購入して、冬を迎えようと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です