あまみの甘み あまみの香り – 鯨本 あつこ,石原 みどり (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

黒糖焼酎は、実は奄美大島でしか造られていないお酒なのです。奄美大島中にある全25蔵を、島女子ブームの仕掛人である「離島経済新聞」編集長鯨本あつこが紹介。九州とは違い、沖縄とも違う奄美群島の魅力満載、島好き・酒好きの方必読の蔵と島めぐりのイラストエッセイです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

なんとなく手に取った奄美本であるが、なんと奄美本というか黒糖焼酎本または、黒糖焼酎酒蔵本だった!

奄美大島や奄美群島にある酒蔵を25件も紹介し、各酒蔵の杜氏さんの紹介からメイン焼酎、レア焼酎に至るまで細かく書かれている。これはマニア向けだ!黒糖焼酎という奄美群島でしか製造が許されていないお酒と酒蔵を通して、奄美大島の歴史や文化を感じさせてくれるかなり稀有な本だと感じた。

これは黒糖焼酎を飲みながら読みたい本である。

これは奄美旅行をする人も黒糖焼酎が好きな人にもお勧めできる本だ!

奄美に行ったら、気になった酒蔵を行ったり、気になった銘柄を飲んで見たいと思う。

良書!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です