レベル7(セブン) – 宮部 みゆき (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

登場人物には、何かが欠落していた。
生きるうえでとても大切なものが欠落していた。
それは・・・「記憶」。
なぜ記憶がないのか?
記憶はなぜなくなったのか?
記憶は失ったのか?失わされたのか?
記憶の欠落が支点となり物語が回転し活動しはじめる。
自分たちは何者なのか?
手元にあるスーツケースにいれられた大量の紙幣と拳銃は何なのか?
宮部みゆきの力作である。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です