私の幸福論 – 福田 恒存 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分


私の幸福論私の幸福論

 ・美醜について
 ・ふたたび美醜について
 ・自我について
 ・宿命について
 ・自由について
 ・青春について
 ・教養について
 ・職業について
 ・「女らしさ」ということ
 ・母性
人間は不平等だ。
悪いといおうが、いけないといおうが、事実だ。
しかし現実がどうであろうとこの世に生まれた以上、あなたは幸福にならねば…。
誤まった幸福観を正し、人間の本当の生き方とは何か、幸福とは何かを、平易な言葉で説いた刺激的な書。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

「幸福とは何か?」を語ったものではなく、「幸福とは何でないか?」を語った本である。
著者は、あまり幸福にこだわるなと説く。
なぜなら、幸福にあまりにも心を用いすぎて、よりよき生活を失い、逆に幸福にみなはされている人が多いからである。
何であるか?を語るために、何でないかを語るというのはよくある方法論である。
それがなぜよくある方法論かといえば、それなりに人に納得感を与えるからだろうと思われる。
そして、本書をその果実をうまくみのらせている。
理想どおりにいかないのが現実であり、各個人それぞれに、理想どおりにいかなさ具合によって生き方がある。それこそ無数に存在している。そうした無数の現実への手がかりが本書にはある。
幸福になりたいが、そうではない現実の前に右往左往しているすべての人に。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です